美味しい揚げ方


揚げ方についてのワンポイント!

           【あとかたずけ】

          油のあとかたずけはどうするの?

            油を保存して再利用する方法と油を捨てる方法があります。

            再利用する方法

熱いうちに油こし器や油こし紙などで濾過します
冷めてから行うと油が酸化したり、揚げカスが残っていると油がいたむ原因に
なりますので、熱いうちに濾過してください。でも熱いので気をつけて!特に子供さんには気をつけてください。 揚げ物の量が少なくても必ず漉してください。

冷めてから容器に移して保存します

濾過した油を冷ましてから光を通さず密封できる小さ目の茶色か黒色のビンイッパイまで油を入れてください。密封されていないと油がいたみます。イッパイまで入れることにより、空気と触れさせないと言うことが大切です。ワインとおなじですね!

油の使用について
ビンに移し変えた油は、焼き物などに使用して早目にお使いください。そして、次回以降の揚げ物の時に新しい油を補充していただくと、あぶらの痛みが少し遅くなります。

保存場所
新しい油も使いかけの油も、保存は暗くて涼しいところがいいです。一般家庭では密封して流しの下に入れておくのがよいのでは。

揚げ物に使う油の見極め
着色ビンに入れ、密封して、暗く涼しい所に保存しておけば、3〜4回は使用できます。でも、あげものの種類・量によって油の劣化が違います。揚げ物を入れたときの泡の出方・におい・色で判断します。
泡の出方: 新しい油の時は、揚げ物を入れると大きな泡が出ます。油が劣化してくると揚げるときに小さい泡に変わります。そろそろ変え時です。

におい  : 油を加熱している時に、油臭いいやなにおいがしたら、変え時です。
色    : 油が劣化してくると、黄金色がこい茶色になってきます。あまり色が濃い場合は使用しないでください。

上手な油の使い方
揚げ方、揚げたあとの保存法により、油は上手に使えます。さし油も上手な使い方です。
揚げ物の種類によって、揚げる順序を決めるとよいです。油を汚しにくいものから揚げてください。野菜の天ぷら、肉やタコ・イカ以外の魚の天ぷら、コロッケ・フライ、最後に水分の多い鳥の唐揚やタコ・イカの揚げ物の順序がよいと思います。


油を捨てる方法
市販の油凝固材・油処理パックをご利用ください
ご使用方法は、各製品の注意書をご利用ください。



準   備

揚 げ 方

美味しいわけ

コロッケ一覧 通信販売について FAX注文 トップページ