TEL049−222−2331 仙台牛銘柄推進協議会 取扱指定店No67 FAX049−226−2983

■取扱商品
・宮城 仙台牛
・全国 厳選和牛
・上州 榛名豚
・岩手 地養鳥
・埼玉 タマシャモ
・埼玉 烏骨鶏卵
・合鴨肉
・骨付きラム肉
・ハム製品
・自家製コロッケ
・自家製焼豚
・自家製ハンバーグ
・自家製グラタン
・自家製ソース
・無添加 馬油

■ご注文ページ
・厳選和牛おためし肉
・厳選和牛2・9・8・3
・厳選和牛ギフト商品
・バーベキュー商品

■商品情報
・商品情報
・牛肉一覧
・豚肉一覧

■デリバリ情報
・通信販売
・宅配サービス



いらっしゃいませ
に・く・や・さんの大将

矢部一美です

ヒストリー
和牛とは、日本在来牛であります。昔は小さ
な晩熟な牛であったらしく、その様相を今に伝
える牛が、山口県萩市の日本海の孤島の見
島にいる『見島牛』です。日本古来の牛で他と
の混血がされていません。又、現存天然記念
物に指定され、本土や他所からの牛の交配
は許されていません。
和牛は10世紀頃から飼育され農耕・搾乳・採
肉・運搬用に利用されました。その後、「食肉
習慣」を嫌う仏教の普及により、牛の飼養は
減りました。しかし、中国・九州地方では農耕
などに利用されつづけ、また荷物の運搬など
にも利用されました。
    松 福 美
兵庫県・美方郡
【父】谷福土井
【母】ふくみ2
〔母の父〕菊照土井
〔母の母の父〕安美土井
和牛の品種改良は、兵庫県を含む中国地方
で「蔓(ツル)」と呼ばれる系統繁殖(近親交配)
による遺伝的形質の優れた和牛の造成・維持
方法が百数十年も前から受け継がれており、
こんにちの「銘柄牛」の基礎となっています。
明治時代になると、外国種と在来和牛の交配
による雑種が多くなりましたが、結果が悪かっ
たようで、その後「改良和種」を中心とした、品
評会や和牛の登録事業が行われ、昭和19年
に和牛として、黒毛和種・褐毛和種・無角和
種の三種が確立しました。その後昭和22年
に東北の「南部牛」と外国種(ショートホーン)
により改良された「日本短角種」が誕生し、こ
のことにより日本の四種類の和牛が確立しま
した。
昭和30年代に入り、自動耕運機の普及によ
り、和牛の利用・改良目的は、『肉用』となっ
ていきました。


月間お買い得情報


料理方法の紹介のページ


食肉についてのお話
・和牛うんちく話
・豚うんちく話
・鶏うんちく話


安心して召し上がっていただくくために
・記事
・調査
・リンク


当店の考え方


店舗紹介と地図のページ


当店の素顔と趣味のページ


トップページヘ


当店の隣にあります